住宅ローンも立派な借金です

日刊紙の折込チラシ、タブロイド紙、電柱に見かける宣伝やDMなどで「借金の効率化いたします」「負債を統合したいと思ったら」といった売り文句を目に入れることがあります。

これらは、「整頓業者」「買取人」「紹介人」という名の悪徳会社の詐欺広告の場合もあるのです。

そのようなものを使用した場合には破産申請手順の中で最重要な免責決定をもらえない危険も存在します。

「整理人」ではDMなどで債務者をおびきよせ法外な料金を受け取って負債整理をしますが実際は債務整理は行われず、当人はより一層の負債地獄に陥ってしまう結末がほぼすべてになります。

「買取専門人」では、債務者のローンで家電、何らかの利用券を多量に購入させて、負債者から購入した品物を値段の30%~額面半値で買い直すという手段のようです。

借金者は金が増えますが、必ずクレジット会社から購入品の定価の請求が届くことになり、借金を増やす結果となります。

この際はクレジットカード会社に対して詐欺として免責判定を手に入れられなくなります。

「つなぎ屋」では人気のサラ金から貸してもらえなくなった負債者に対し直接の提供は全くせずに、提供をしてくれる違う貸し手を紹介して、高いサービス料を出させる悪徳業者です。

高度なつなぎで貸出が受けられたように説明しますが、本当は何もしないまま単純に調査の甘めの会社を分かっているというだけなのです。

このときも結局のところ債務を増加させることになります。
借金 債務整理