荒れた肌をなんとかする方法

暖かい季節になって、紫外線が気になっている人が多くいます。今回は、スキンケアについて、ささやかなアドバイスを紹介したいと思います。 紫外線の少ない秋冬を過ぎた肌は、1年のうち最も無防備な状態になります。肌は季節と共に変化します。今の時期に、紫外線の対策をしないと、その年の後半の肌に影響します。春の日差しが強くなるこの時期に、肌の手入れをして、乾燥して荒れた肌になるのを防ぎます。 紫外線には、「UV-A」と「UV-B」があります。「UV-A」は、皮下組織の奥まで到達します。長時間、浴び続けると、シワやシミとなり、肌老化の原因となります。「UV-B」は、皮膚への刺激が強く、急性の炎症を引き起こします。夏に紫外線の対策をするのではなく、春からしっかりとスキンケアすることが大切です。 日焼け止めに書いてある「PA」は、A波を防止する効果を、+の数で表しています。+が3つあるのが、最も強い効果があるものです。「SPF」は、B波を防止する効果を表した数字で、大きい値ほど、効果が強くなります。効果が強いものは、肌に負担がかかります。毎日、日焼け止めをつけ、ケアすることが大切です。肌に負担のかからないように、使い心地に良いものを選ぶと良いです。 4月から夏にかけて、「UV-B」が特に増えます。紫外線の量は、夏とあまり変わりません。今の時期からケアをしっかりして、肌へのダメージを減らしましょう。紫外線から肌を守るには、肌を露出しないのが良いです。つばの広い防止やサングラスが、効果的です。露出を避けられない部分は、日焼け止めをしっかりつけて、ケアすることが大切です。効果の強さで、日常に使うものと、お出かけするときに使うものと分けると良いです。 こまめに塗り直さないと、日焼け止めの効果は半減します。紫外線の強い時間帯は、2〜3時間おきに、つけなおします。首の後ろや手の甲は塗り残してしまう場合が多いので、注意します。 夏に向けてのスキンケアの際、今回、紹介させていただいたアドバイスを参考にしていただければ幸いです。 二俣川のブルースカイ BlueSky