経済

日本公庫について書きます

日本公庫について書きます

(公開: 2014年4月25日 (金)

日本公庫は、色々な業種に資金を融資しています。国の政策の下で色々な企業の方たちの支援をいている金融機関です。中小企業や農林漁業の方たちなども支えています。
東日本大震災で困っている企業の方などにも積極的に資金を提供して災害復興のために、色々働きかけてくれています。
日本公庫の融資は、次世代の子供のため教育などにも力を入れています。幅広い業種の方たちにも融資など色々な相談にも乗っている国の政策とともに、色々な企業などの支援をしています。

NPO法人設立のコツを聞いてきた

NPO法人設立のコツを聞いてきた

(公開: 2014年3月16日 (日)

NPO法人の設立を東京で希望している経営者の方に会いました。
テレビや雑誌でNPO法人設立と言うことを耳にすることがありますが、このメリットとはどのようなことでしょうか。
まずはNPO法人名で登記ができたり銀行口座を開く事ができると言うことです。
この経営者の方は60代の女性ですが、普段は美容室を経営しています。

すなわち個人で行っていたものを会社組織にすることができるのです。
団体であるのに財産の管理が個人名義でしかできないというような煩わしさがなくなるのはとても大きなメリットであるといえます。
作りたいNPO法人は、国際協力関係のNPOで、すでに色々活動されていました。

この他には社会的な信用を得ることができます。
信頼や信用はじっくりと時間をかけて築いていくものですが、NPO法人設立ではこのようなメリットがあります。

行政府から認められた法人と任意団体、営利会社とでは印象は違ったものになります。
NPO法人設立は儲けのために活動を行っているのではないのです。
NPO法人設立のご相談を、今度は渋谷の駅裏でお聞きします。


住宅ローンも立派な借金です

住宅ローンも立派な借金です

(公開: 2014年2月12日 (水)

日刊紙の折込チラシ、タブロイド紙、電柱に見かける宣伝やDMなどで「借金の効率化いたします」「負債を統合したいと思ったら」といった売り文句を目に入れることがあります。

これらは、「整頓業者」「買取人」「紹介人」という名の悪徳会社の詐欺広告の場合もあるのです。

そのようなものを使用した場合には破産申請手順の中で最重要な免責決定をもらえない危険も存在します。

「整理人」ではDMなどで債務者をおびきよせ法外な料金を受け取って負債整理をしますが実際は債務整理は行われず、当人はより一層の負債地獄に陥ってしまう結末がほぼすべてになります。

「買取専門人」では、債務者のローンで家電、何らかの利用券を多量に購入させて、負債者から購入した品物を値段の30%~額面半値で買い直すという手段のようです。

借金者は金が増えますが、必ずクレジット会社から購入品の定価の請求が届くことになり、借金を増やす結果となります。

この際はクレジットカード会社に対して詐欺として免責判定を手に入れられなくなります。

「つなぎ屋」では人気のサラ金から貸してもらえなくなった負債者に対し直接の提供は全くせずに、提供をしてくれる違う貸し手を紹介して、高いサービス料を出させる悪徳業者です。

高度なつなぎで貸出が受けられたように説明しますが、本当は何もしないまま単純に調査の甘めの会社を分かっているというだけなのです。

このときも結局のところ債務を増加させることになります。